お年寄りも安心のバリアフリーな観光タクシー

高齢化の影響で、お年寄りでも安心して利用できるバリアフリーな観光タクシーが増えています。一般的な観光タクシーでは乗り降りが難しい人でも、段差が少なく広さが充分に確保されているバリアフリー観光タクシーであれば体に負担をかけずに長期間の旅行を楽しむことができます。

バリアフリータクシーにはいくつかの種類があります。足腰が弱ったお年寄りを想定した、乗降時のステップを低くしたタクシーもありますし、車椅子のまま車内に乗り込めるタイプのタクシーも用意されています。ノンステップタクシーやリフトタクシーもタクシー会社の公式ウェブサイトから予約することができます。体が弱いから、歩くのが疲れるからとあきらめずに安心して旅行の計画を立てましょう。ただ、バリアフリータクシーは全国的に台数が少なく、なおかつニーズが多いため、急な予約には対応できない可能性があります。バリアフリータクシーの利用を検討している場合は通常予約よりもかなり早めに、数週間前のタイミングでタクシー会社のほうに問い合わせをするようにしましょう。

なお、バリアフリータクシーは基本的に介護タクシーではありませんので、移動先での介護サービスは付加されていません。単独旅行などで移動先での介助を依頼したい場合は専門の介護タクシーを予約するか、タクシー会社のほうに一度詳細をたずねるようにしましょう。最近では本格的な介護サービスを一体化させたバリアフリータクシーが全国各地で増えていますので、なかなか予約がとれないなどという悩みも解消されてきています。

とはいえ、対応エリアの狭さもバリアフリータクシーの課題のひとつです。福岡や札幌などの大都市圏以外の地方都市ではバリアフリータクシーを扱っている観光タクシーそのものがないところも珍しくありません。そうしたエリアに旅行に出かける場合は当然バリアフリータクシーを利用することができず、ユーザーとしてはタクシー以外の移動手段を考えるか、旅行そのものをあきらめることになります。「バリアフリータクシーが予約できないから旅行をあきらめる」ということにならないように、今後の日本では地方都市でも安心してバリアフリータクシーが予約できるようなシステムをととのえていくことが課題となります。バリアフリータクシーは、体の不自由な方にも旅行のチャンスを広げてくれる便利な移動手段です。予約には多少の時間がかかることがありますので、ある程度の余裕をもって問い合わせをするようにしましょう。愛媛県行ってみない?